こんにちはcoffeeです。

 

2018年10月ごろから、google chromeでは、サーバーの証明書の無いページや、自己証明書のサイトでは、警告文が出るようになりました。

 

そこで、httpのwebページをhttps化( SSL化)する必要があります。

また、一部のAPIではhttps通信であることが前提であるものがててきているため、対応する必要がありました。

しかし、証明書関係ってやや難しい印象を持っていました。

暗号化による証明書作成の関係だったり、apacheの設定なんかが煩雑です。
しかしながら、簡単に設定する方法が実は存在しました。

 

Let’s encryptとは?

Lets’ encryptというツールを知ってから考えは変わりました。

このツールは、サーバー証明書の発行や設定などを勝手にやってくれるのです。

Let’s encrypt

 

証明書って有料じゃないの?とか、有効期限90日って短くない?とかいう疑問が湧いてきますが、

Let’s encryptに関しては、ISRGという海外の財団がお金を出してくれており、我々は無料で証明書を作成し使うことができます。

また、有効期限については自動更新設定ができるようになっているようです。

詳しくはLet’sencrypt で検索していただけると様々解説されています。

 

その中で、参考にしたページは以下のものです。

Qiita様々です。

https://qiita.com/yasushi00/items/40bdaf8f05017e212325

https://qiita.com/dekosuke-menti/items/70059525a2f0f2496b00

 

以上により、無事当サイトはhttps化されました。関係の皆様方ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください