こんにちは、coffeeです。

 

MacBook上で動作しているBootCampのWindows10を、デスクトップPCに移行したいと思います。

つまづいたポイントがいくつかあったので、紹介します。

1.BIOSでの起動方法は、「legacy」と「UEFI」の二種類がある。

マザーボードによって、対応のあるなしがあるようです。お手元のデバイスを確認ください。

SSDであればUEFIでの起動だと高速に動作するようです。

 

2.ディスクのフォーマットの形式が異なる (legacy→MBR形式 UEFI→GPT形式)

ディスクがMBR形式のままUEFIで起動しようとするとうまくいかない場合が多いようです。

(GPT形式でlegacy起動は成功しました。)

ディスクの中身の削除やフォーマット方法は以下の通りです。

1-1.windows検索欄に「ハードディスク」と入力

1-2.パーティションの作成とフォーマットを選択

1-3.対象のディスクのパーティションを右クリックする →ボリュームの削除が表示される

1-4.ディスクのフォーマット形式の変換は、ディスクの中身を殻にした状態で画面左下の ディスク2 ベーシックと書かれた部分を右クリックすると、MBR形式かGPT形式に変換できるようです。

 

3.UEFIで起動したい場合に、EFIパーティションを消してはならない。

EFI(Extensible Firmware Interface)はシステムパーティションとなっており、OSやファームウェアなどの情報が格納されているようです。

正確には、外付けディスクであれば削除して良いようですが、今回はデスクトップへ移行し、起動ディスクとして使用するため消さない方が無難です。

 

バックアップの作成ツールは、

EaseUS Todo Backup Free が便利です。

 

また、パーティションの削除、編集は、

EaseUS  Partition Master Free  が便利です。

気になった方はぜひ有料版をチェックしてみてください!

 

いかがだったでしょうか。

 

エンジニアらしくGUIのツールを使わないでやろう、と思ったのですが、有料アプリに任せた方がいいレベルで複雑で、心が折れました。

時間をかけてCLI叩いてデータぶっ壊したりしそうな方は、やらない方がいいかもしれませんね・・・・

筆者は寝ぼけながら作業してたのでうっかりMacOSを全消ししちゃいましたが、

バックアップのおかげで復旧しました・・・・・(涙目)

 

それでは、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください